医療クリニックでの脱毛と脱毛サロンとでの違い

「医療クリニックでの脱毛」と脱毛サロンの違いは様々ありますか根本的に違うのは医療クリニックと脱毛サロンで使用されるレーザーが違うということです。

根本的に医療で行う脱毛とサロンで行う脱毛にはパワーという点で違ってくるのが 決定的に違うとという事。

医療で行う脱毛には脱毛サロンの光脱毛にはない基準値の出力をだせるマシンを使用することによって毛根の根元まで行き渡るレーザーが可能と聞いています。

この違いからか脱毛サロンで「永久脱毛」をサービスにしている店舗はないわけです。

クリニックで行う脱毛の場合医療機関で医師が常駐しているので施術中に何らかのアクシデントに見舞われてもその都度適切と思われる対処で患者の安心感も違ってきます。

上記の理由から出力の高いレーザーを出すことのできるマシーンの使用は医療関係に限られているわけです。

さらに医療とサロンの二店には効果による違いも指摘されています。

医療クリニックでの脱毛には黒色のメラニン色素の 提供する時期に、高い出力でのレーザーで脱毛するのでより効果の高い結果となります。

対して、チェーン展開している脱毛サロンでは低い出力で脱毛せざるを得ないので効果という点では結果が伴うまでに長期間有するのです。

もちろん、2種類の脱毛の違いには価格的に違うのが決定的な点です。

短期間で効果を実感できる医療による脱毛が高額なのはご承知の通りです。

施術回数が少なくて済むのでコストパフォーマンスという点ではどちらに軍配が上がるか?は個人差があり一概には言えないですが、 よく耳にするパターンでは脱毛サロンよりも医療クリニックでの脱毛の方が「安く」 なったケースが多々あります。

対照的に脱毛サロンでの脱毛はレーザーのパワーが低いという点で施術回数が多くなります。

細かく言うなら、頻繁に店に通わなくてはならない分、そのための交通機関などの料金加算して見た方が良いでしょう。

とはいえ「脱毛サロン」では 子離れをするため数々のキャンペーンなどによって思いもよらぬ低価格な設定の脱毛が人気しているケースがほとんどです。

脱毛サロンで「効果が全くない」 というわけではないので、よほどの「剛毛」ではない限り出力パワーの低いレーザーでも毛周期に合わせた施術で目立たなくする、 根絶 できた人も多数いるのは事実です。

脱毛サロンはキャンペーンのの際など、有名芸能人を広告に使ってくるのでそのキャラクターに惹かれてお客さんが殺到するケースも考えられます。

両者で迷っているなら実際の口コミなどに頼って、果たして自分はどちらが適しているのか考えた方がより現実的に答えが出るでしょう。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|